告白 ただしコピペ

いい記事も読み流されていく。再度、読み直されていい記事を精選した。

くすぐるように嬲る様に舐めまくる義父 2/2

くすぐるように嬲る様に舐めまくる義父 2/2

 

 

  陰径が巨大に勃起してくると、義父の上肢に跨り

義父と同居 4 投稿者:狂った嫁  投稿日:05月01日(水)16時45分51秒

  義父とラブホテルにてセックスを行う様になってからは、週に3回位、つまり1日おき位に、どちら共なく誘い合わせて、ホテルで濃厚なセックスを交えています。夫とのセックスは夫婦で有りながらも、私にとっては夫に求められれば、それに応じる程度の形式的なものになってきてしまいました。

  義父と疾(やま)しい事を行っている手前、夫の要求は断れませんが、余りにも拙速行為なので、私の身体が燃える前に夫はもう既に終わってしまっているのです。そんな時は私の身体は欲求不満に陥り、翌日一日中もやもやした気分で過さねばならないのです。

  夫に義父と同じ行為を要求しても、それは無理な事。私の方からそんな行為を要求すれば、変な疑いを持たれるのが関の山です。私は夫の云うままただ抱かれています。「お前は最近セックスには淡白になって来たなァ。前はもう少し積極的だったんじゃないか」などと云いながらも、夫は何も疑う事なく自分の欲望だけを満足させて、それで済ませています。しかも、たった1回の満足で全てが終わりなのです。

  夫とのセックスは月に2~3回、それも土曜日の夜と決まっています。今では結婚以来3年間の間に夫とセックスした回数よりも、義父とした回数の方がはるかに多くなっています。そして、そのセックスの内容はとても比較できない程の濃淡の落差があります。最早、私の身体は義父の濃厚な愛撫無しには居られなくなって来ているのです。

 とは云え私は大輔の妻であり、今でも夫、大輔を愛しています。セックスを除いては、夫としての大輔は申し分のない模範的な夫です。いや、セックスに於いても、この年齢の男性には平均的な行為なのかも知れません。そんな夫を裏切るのは真に申し訳なく、甚だ疾しくも有リますが、義父と関係してしまった事柄は、最早元に戻す事は出来ませし、私も義父との関係を解消しようとは思ってもいません。

  

  そんな矢先に、夫の会社が仙台に支社を開設することになり、夫がその開設委員に選ばれ、仙台に出張赴任することになりました。約1年弱の短期赴任の上、さほど遠隔地ではなく毎週土、日には帰宅出来るので、夫は単身赴任することになりました。

  夫が出張赴任して行った後は、土、日を除いて、家の中は私と義父と2人切です。もはや義父とのラブホテルでのセックスが不必要になり、誰はばかる事もなく、家の中でセックスする事が出来ます。今ではまるで私と義父は、本当の夫婦の様な有様で、毎晩義父と一緒のベットで2人で抱き合い、思い切り濃厚なセックスを楽しんでいます。

  しかも、夫を気にする必要が無くなった所為か、義父はベットの上だけではなく、時間も場所も構わず私にセックスを挑んでくるのです。キッチンで朝食の支度をしている時などに、後から抱きつき、両の手で乳房を愛撫し、うなじにキスをしながらスカートを捲り上げ、パンティを押し下げ背後から巨大な陰茎を挿入して来る事も度々です。

  

  時には出勤する義父を送り出す玄関で、四ッン這いにさせられ犬の様に交わったり、トイレの中に呼ばれ、トイレの便器に坐った義父の太腿を跨いでセックスしたり、又、2人で入る風呂場でのセックスは日常茶飯事のことになって来ています。

  幸いにこの家は高台のかなり敷地が広い庭の、樹林の真中に建って居ますので、回りからは覗き見される心配は有りません。この頃では義父と一緒の時には、何時義父に挑まれてもいいように、ノーブラ、ノーパンで過している時が多くなってきています。

  ただこの様なセックスは、義父にとってはほんのお遊びのセックスに過ぎないのです。本格的なセックスの前戯として行っているだけなのです。私にはこんなセックスでも、数が多ければ十分なのですが、義父が本格的にセックスをする時は、1晩中私を眠らせず、あらゆる姿態で私の中に陰茎を挿入したまま、抜かず3連発、4連発は普通の事です。

  さすがに濃厚なセックスの好きな私も、疲労困憊に落ちいる事がしばしばです。義父の年齢で何処にそんなパワーが存在するか不思議なくらいです。そしてその行為に喜んで迎合する私自身の淫蕩さに、我ながら驚いている淫乱嫁なのです。

 

  時には私の方から義父にセックスを迫る事も有ります。ソフアーに寛いでテレビを観ている義父の足許に跪き、パジャマのズボンのチャックを開き、陰茎を取り出し、手で愛撫し、口に含み。それが勃起するまでフェラチオを繰り返します。

  やがて陰径が巨大に勃起してくると、その侭、義父の上肢に跨り、陰茎を膣の穴の奥深く、中の方に咥え込み、激しく腰を動かし快楽の嬌声を上げセックスを楽しみます。

  義父と関係を結んだ当初は義父にコンドームを着けさせてセックスをしておりましたが、義父が嫌がりますのと、義父との情交の回数が多くなるに従い面倒臭くなり、最近は殆ど着用させて居りません

  夫も義父も血液型は同じA型です。 万が一、妊娠したとしてもそれがどちらの子供なのか血液型からは分らないのです。従って今では夫とのセックスは勿論、義父とのセックスでも避妊など一切い考えず、毎回中出しのまま、2人の精液を生で大量に子宮に受けとめてます。

 

 

 

旦那が後ろから俺は下から、姉にダブルファック

変態姉夫婦 投稿者:祐二  投稿日:03月02日(土)11時52分51秒

  姉は32歳、旦那は35歳で子供が出来ず、いつしか危ない方向へいっちまった。それはSM、スワッピングとか投稿写真とかですが、俺も嫌いじゃないんで一緒に飲んだ後、「2人の行為を見てくれ」とか言われてOKしてしまった。

  姉は最初は恥かしがっていたが、いざ始まるとこの世のものとは思えないほど、痴態をさらけ出した。やがて浣腸、バイブ責めとビデオさながら。興奮した。俺もバイブを使わされ姉は泣きながら喘いだ。最後は旦那が後ろから俺は下からとダブルファック。しかし後味は悪く、2度と誘いには乗らなかった。

 

  そんなおり旦那がバイク旅行で事故り半年の入院の大怪我。たまに見舞いにいったが「アイツが欲求不満なんで相手をしてくれ」のお願い。「冗談じゃない。」断ったが「変な奴にひっかかるといけないから」と再度頼まれた。

  マンションに行った。世間話をして旦那が言った事を伝えると、聞いてるという。俺はそういう気にはなれずTVを見ていると、姉が股間をさすってきた。気持ちとはうらはらに勃ってきてしまった。もうどうにでもなれと襲い掛かり、レイプさながらに下半身剥き出しにして、突きまくった。姉は不妊なので出しまくり。

  姉の要求に応え浣腸、アナルセックス。姉は失神さながらの喘ぎ方。何度か繰返すうち、ただのおもちゃとして接するようになった。

 

  野外でのバイブ責めやコート1枚での散歩と放尿。なかでも一番は、公園のベンチの上での放尿。4、5人の中学生が遠くからちらちら見てるのもかまわずに、じゃぁじゃぁと放物線を描いて飛ばしていた。うっとりしていた。

  マンションに戻ると裸のままベランダで、後ろから挿入。クリトリスをつまむと「あああふううううう、、、」とまたイッてしまった。旦那に報告し、早くダブルファックをしたいものだと言ったら、退院したらスワップパーテイをしたいと言った。

 

 

 

抵抗無しの妹にグニュリと挿入すると、後はもうバコバコの刑

念願成就!妹とセックス! 投稿者:ムセッソウ兄  投稿日:03月17日(日)00時45分31秒

  現実って良いですね~ 夢か妄想だけの世界だと諦めてましたが、マジで体験する事が出来ました。それはもちろん、妹とのセックスです。妹に挿入して、きっちりと最後までやりました。実は高校くらいから、ずっと妹とヤリタイ願望ありました。それがまさか、本当にヤレル日が来るとは。

  もっとも妹も結婚してしまって汚れた体になりましたが。妹は25歳の結婚2年目。子供は未だ無し。ちょっとした事で、妹を家まで送る事に。妹はお酒飲んでて、かなりハイになってました。家に着くと、誰も居ない。妹の夫は、今夜は帰らないんです。妹は、「すこし付き合って」と言い出しました。車だからやばいんですが、妹に泊まればと言われるとね。それで2人で、お酒を飲む事に。

 

  すごく色っぽくなりましたよ妹は。私もイタズラ心が起きて、ムードを盛り上げました。妹の目を、ずっと見つめました。妹は、「気があるんじゃない?」なんて言います。そして妹はかなり酔いました。

  しばらく目を合わせて見つめるだけの時間が出来ました。チャンスと思って少し近寄ると、嫌がりません。ダメなら酒のせいにすればいいと思って、一気に抱き寄せます。そして勢いに乗って唇を! 妹はキスを受け入れました。もう後は、キスしながら、さわりたかった部位を触りまくりです。胸をモミモミ、アソコをムニュムニュ! 下着の上から触ってるだけで妹が濡れてきたのが分かりました。あんまり下着を濡らせるのも可哀相なので脱がせましたよ。

  どんどん脱がせて、小学生以来になる妹の全裸を拝見です。もうスゲエの一言。よくぞここまで成長した! 興奮した!と いった所ですか。

 

  さすがは人妻。大人の魅力でしたね。妹としても魅力あります。妹は、「嘘よ~ お兄ちゃんとしちゃう~」と言ってました。私が、「そうさ、お前としてやるぞ」と言うと、「イヤ~イヤ~」と言うのですが、体は抵抗しません。そして私に「入れるのダメよ」と言ってました。でも、私もガチガチに我慢できなくなっていたので、ついにというか長年の夢を実現させました。

  股を開いて挿入準備すると「ヤダァ」って言いますが、抵抗無しです。グニュリと挿入すると、妹の暖かさが私の性器全てに伝わって快感! 私に入れられて、妹がアアーンと悩ましい声を上げてくれて感激! 後は、もうバコバコの刑です。思いっきり腰を打ちつけました。

  「お兄ちゃん、私、結婚してるからダメよ」なんて言いながらも、アハンアハン声出して喘いでます。体は全然いやがってない。私は「今、やってる最中だろ? 止めたって同じじゃないか?」妹に言い聞かせて、セックスを続けましたね。

 

  私が「旦那に申し訳無いって思ってるんだろ?」と聞くと妹が「うん」と頷いた。私は「秘密にするから安心して」と言います。妹がもう一度「うん」と答えると、安心したのか喘ぎが大きくなった。そのうち妹も、私とのセックスに没頭していきました。世間じゃ妹なんて女じゃないなんて見る兄ばかりなんだろうな。でも妹とセックスして実感。妹もやっぱり立派な女なんですよねえ。

  私がグッ!グッ!と奥まで押し込むと、妹はハア、ハアしながら「お兄ちゃん、お兄ちゃん」なんて言ってくれて幸せでした。悪いと思うけどオナニー時代からの夢をかなえさせてもらいました。生セックスとくれば、中出しです! 出した瞬間、妹が「んっああーー」って声を上げました。

  それから妹の手足がグッタリして、ほとんど大の字になったんです。最後の一滴まで注ぎ込めましたし、注がれてる時の妹の顔は良かった。ドクドク出ていって、量的にはかなり出したはずですよ。気持ち良すぎて感無量ってやつですね。

 

  私が「もしかして子供欲しかった?」と聞いてみると、妹は「子供は欲しいわよ。でも、お兄ちゃんとはダメ。」と答えたので、「旦那と作ってる?」と聞くと「作ってる。でも全然出来ないの」でした。あんまり可愛いので、上半身を起こしてディープキスを施してあげましたよ。

  その後、もう1発やらせてもらいましたよ。妹は2回目の途中で寝てしまったみたいでしたが。ま、途中から長くしたかったのでじっくり攻めてましたからね。でも寝てる妹もなかなか良かったですよ。おかげで、遠慮無くじっくりと隅々まで楽しむ事ができましたからね。

  腰振りを止めて、入れたまま妹の全身を見下ろすと、こんな可愛い妹と、本当に肉体関係になったんだと実感が沸きました。

 

日本の絶景

トカゲ岩 島根県隠岐の島町

  島後の山中にある。頭から尻尾の先までで26mの長さがあり、尻尾の部分は崖とつながっており、トカゲと崖の間には岩が挟まっている。