告白 ただしコピペ

いい記事も読み流されていく。再度、読み直されていい記事を精選した。

叔母が3回くらい腰を振るとイッてしまい(近親相姦掲示板 ☆告白・願望・妄想☆ 2000年4月後半分ログ)

近親相姦掲示 告白・願望・妄想 20003月後半分ログ

 

「パパ、気持ち良い、クリをもっと舐めて」

いけない父娘 投稿者:パパ&リナ  投稿日:03月30日(木)23時30分56秒

  私は42歳、娘は23歳です。妻とは10年前、リナが中学校1年の時に離婚しました。妻とは高校卒業と同時に結婚しました。出来ちゃった結婚でした。遊ぶ暇もなく結婚し出産、子育てに追われ、ふと気が付くとお互いに30歳を越えていました。妻はリナが手離れしたのを機会に、もう一度人生をやり直したいと離婚を迫ってきました。  

  私は妻の人生を奪ってしまった罪悪感を持っていましたので、これから先は妻の好きにさせてあげようと離婚を承諾しました。リナは私にすごく懐いていた事と、妻にはこれから先の生活に負担がかからないように、私がリナと暮らすことになりました。

 

  リナと関係を持ったのは、リナが中学校3年の進学校が決まった時でした。お祝いに外食をしての帰り道です。帰りの道中にラブホテル街の近くを車で走っていると、リナがいきなり「ラブホテルってどんなところ?」って聞いてきたのです。わたしは返答に困りました。

  でも、もう15歳ですから正直に教えてあげることにしました。話している途中にリナの目つきが興味津々になってくるのが分かります。まずかったかな?と思ったのですが、話しかけてやめるのも変でしたので、車をラブホテルの近くの道路脇に止めて、1時間ほど話したでしょうか・・ するとリナがいきなり「連れてって」と、言い出すのです。私は目が点になり言葉も出ませんでした。リナは無邪気な子供みたいに駄々をこねるように私に言い寄ります

 

  言い出したら聞かない性格でしたので、社会勉強にでもなるかなと思い、気楽な感じで入ることにしました。わたしにしても久しぶりのラブホテルです。別れた妻と来てた時とは随分、設備も変わっていました。リナは部屋の隅々まで探索し出しました。2人で照明やお風呂、ベッド、有線などを触って遊んでしまいました。パンフレットを見てみると、アダルトビデオもしているようです。

  せっかく来たのだからお風呂に入ることにしました。私が上がるとリナもお風呂へ入りました。リナが入っている間に私はビールを片手にアダルトビデオを見ることにしました。10分くらい見たでしょうか・・ふと、後ろを見るとリナがいるのです。私はビデオに気を取られて、リナがお風呂から上がったのに気が付かなかったのです。

  私はどうして良いものやらリナを見ることが出来ません(^^; するとリナは「お父さん、いつもアダルトビデオ見てるの?」と、聞いてきました。ここまできたらごまかすことは出来ません。わたしは正直に答えました。「家でも時々見てるよ。お父さんも男だからね」と、答えました。すると「リナも見てみたい」と、言うのです。私は自分だけ見てリナに見るなとは言えませんでした。続きは2人で見ることになってしまいました。私はバスタオルを腰に巻いただけの格好。リナもバスタオルを脇に巻いただけの格好です。

 

  アダルトビデオを見て私は勃起してきました。バスタオルだけですので勃起すると丸分かりです。変に隠しても不自然ですからリナには気づかれないように横を向いて分からないようにしていました。リナはセックスにすごく興味があるようです。今、ビデオは女性が男性の物をしごいてる所です。するとリナが私にこう言いました。

  「お父さんもあんな事されると気持ち良い?」と、聞くのです。「うん、気持ち良いよ。」と、答えると「してあげようか」と、言うのです。私は離婚後ご無沙汰してることもあり、ついつい「うん」と言ってしまいました。

  するとリナはニコッ笑いながら私の物を握りに来ました。最初はしごいてるだけだったのですが、リナはビデオと同じ事をするようになってきました。そうです! フェラチオをしだしたのです。

  チュバチュバと音をだしてフェラをしてくれます。もう、父親という立場を忘れ本能で行動してしまいました。リナのバスタオルを脱がせ胸を愛撫しだしました。リナも感じているようで、フェラをしながら少しずつ声を出し始めたのです。行動はだんだんエスカレートし、私の手はリナの胸から腰、下腹部へと移っていきます。リナも我慢出来ないようで、フェラが出来る状態じゃないようです。私も我慢できないようになってきました。

 

  今度は体を入れ替えリナをベッドに寝かせ私がリナを愛撫する事にしました。リナの体はもう、すっかり大人です。胸もCカップはあるでしょう。ウエストも細くスタイルは良い方だと思います。下の毛も綺麗に生えそろっていました。リナのおまんこはぐっしょり濡れてるようで、にじみ出ています。

  リナの足は自然に広がって来ます。早くおまんこを愛撫してと言わんばかりに・・ リナのおまんこは綺麗なピンク色です。私の知ってる範囲では処女のはずです。

  リナの足を大きく広げクリトリスを舐めてあげました。最初は恥ずかしがっていましたが感じてくるうちに、リナも大胆になってきました。「パパ、気持ち良い・・クリちゃんをもっと舐めて・・」リナのおまんこはもう、ぐっしょり濡れています。私はリナのクリちゃんをいっぱい舐めてあげました。「良い・・だめっ・・いっちゃう・・」リナは小刻みに体を震わせながら逝ってしまいました。

                        

近親相姦掲示 告白・願望・妄想 20004月前半分ログ

 

  「だめ・・パパ・・また行っちゃいそう・・いい・・」

いけない父娘 投稿者:パパ&リナ  投稿日:04月03日(月)19時21分22秒

  1回目を行ってしまったリナはぐったりしています。でも、私は休まずにクリちゃんを舐め始めました。また、リナの体は小刻みに揺れ始めました・・「パパ、だめよ・・今、行ったばかりなのに・・」「だめ・・腰が抜けそう・・」

  しかし、リナの体は正直です・・見る見るうちにおまんこからお汁が出てきます。「だめ・・変になりそう・・良い・・そこ・・」もう、リナのクリトリスは真っ赤に充血して大きくなっています。私のチンチンも充血して我慢できない状態です。

  「リナはまだ処女なんだろ?」と、私が聞くとリナは小さくうなづきました。「パパで良いのか?」と聞くと・・「パパでなきゃ嫌だ・・」と言ってくれました。「じゃあ、パパが優しくしてあげるからね。大丈夫、すぐに気持ち良くなるから」そう言った私はおまんこを舌で舐め始めました。ゆっくり・・そぉ~っと・・リナは体を大きく仰け反らしながら小刻みに震えさせています。リナの緊張も解けてきたのでそろそろ突入です。

  最初の10分くらいは痛がっていましたが、自分でオナニーをしていたせいもあるみたいで血は出ませんでした。そのうちに気持ちよくなって来たようで声を出し始めました。「パパ・・良い・・気持ち良くなってきちゃった・・」

  わたしはリナの言葉を聞いてゆっくり動かしていた腰をだんだん早くしていきました。「だめ・・パパ・・また行っちゃいそう・・いい・・」「もっとして・・もっと早く・・」わたしはリナの言葉に合わせて腰を振りまくりました。「いい・・いくぅ~~・・い・い・・・

  リナは初めてのセックスで行ってしまいました・・ おまんこを見てみるとピクピクとしています。初めてのセックスでこんなに感じるなんて先が思いやられそうです(^^;;

 

 

 

近親相姦掲示 告白・願望・妄想 20004月後半分ログ

 

叔母が3回くらい腰を振るとイッてしまい

叔母のおっぱい最高! 投稿者:来宝  投稿日:04月09日(日)05時47分01秒

  俺は現在29歳、童貞を捨てたのは18歳の時。しかも相手は母の妹つまり俺の叔母です。今でも週に3回ぐらい叔母とSEXしてますが、今回はわすれもしない初めて叔母とした時の話をみなさんに告白します。

  ある日のこと俺は会社の飲み会があったため車で家に帰れなかった。そこで飲んでいた店の近くに叔母の住んでるアパートがあるので、その日は泊めてもらうことにしました。翌朝のことです俺は目が覚めてトイレに行こうと叔母の寝室の前を透りました。すると部屋のドアは開いていて、叔母が着替え中でブラジャーとパンティ姿で立っていました。

  その時俺は見て見ぬふりをしましたが、ちんちんは勃起状態になってしまいました。そして朝風呂に入ろうと脱衣場で服を全部脱いだ時、洗濯物を持った叔母がいきなりドアを開けました。俺はその時まだ勃起が治まっていませんでした。叔母は「うわっ大きいおちんちん」と言いながら、手で俺のちんちんを触ってきました。「あんた溜まってるの? もしかしてまだした事無いの?」俺は「うん。」 すると「私が教えてあげるよ」とちんちんをぺろぺろ舐め始めました。ものの10秒ぐらいで1回目の発射をしてしましました。

  そのままお風呂に入り叔母も裸になり入ってきました。ちんちんを洗ってもらっている時、また勃起してしまい、バスト103㎝のおっぱいをゆらゆらさせながら、今度は風呂の中でパイズリをしてくれました。しかしまたあっという間に2発目を発射してしまいました。  

  風呂から出てそのままベッドイン。初めての俺はとにかくKISSから始めて後は、しばらく叔母のおっぱいをむさぼりつきました。「ああーん」とあえぎ声をあげた叔母の声を聞いたとたん、興奮してしまい、そこからは無我夢中で叔母の全身を舐めまわし、その時3回目の発射をしてしまいました。

  あまりにも早くイッてしまうので叔母が不満そうながら「もうちんちん入れて」と言い、俺はあおむけになり叔母がちんちんにコンドームをかぶせ、いよいよ本番に突入したが、叔母が3回くらい腰を振るとまたまた俺はイッてしまいました。とりあえず筆おろし完了。その日は合計4回いかしてもらいましたが、叔母は1回もイカなかったようですが「明日もやろう、そしてこのことは2人だけの秘密にしよう」と叔母が言いました。

  それから11年経った今は、叔母を喜ばせてあげられるだけの男になりました。今でも1晩3回くらいを週3日やってます。叔母のおっぱいは47歳の女性のとは思えないほど張りがあって最高です。でも叔母のおっぱいは俺だけのもの。

 

 

  叔母は昔ソープ嬢

叔母は昔ソープ嬢! 投稿者: 来宝  投稿日:04月16日(日)03時07分16秒

  昨夜また叔母の家に泊まりました。俺は仕事が終わって叔母の家に行くと叔母は、海やプールで良く見かけるマットに、空気を入れていました。俺は「R子さん、そんなの何に使うの?」 すると叔母は「これを使ってお風呂でしよう」と言うのだ。とにかく叔母の言う通りに風呂場に行くと、叔母は洗面器にお湯を入れ、ローションとボディーソープを混ぜて泡立てた。

  俺はマットにうつぶせになると叔母が俺の背中から足にかけて、その泡立てたローションをかけてくれた。叔母も自分のおっぱいにローションつけて、俺の背中の上にまたがり、最初は手の平で俺の背中をやさしく洗ってくれた。そして、ケツの穴から玉裏にかけて、しこしことやってくれた。

  そして今度はおっぱいと足を使って全身くまなく洗ってくれた。次に仰向けになり俺の首から足の指にかけてローションを垂らしまた。同じように洗ってくれた。叔母のふくよかなおっぱいが俺のちんちんのあたりを行ったり来たりすると、だんだん勃起し始めてきた。

  最高に気持ち良く、まさにソープランド状態だった。俺は「R子さん、そんなの何処で覚えたの?」と聞くと「誰にも言っちゃ駄目よ、私若い頃アルバイトでソープランドやってたの」 俺はびっくりした。もう20年近く前の事らしいが初耳でだった。

  結局昨夜は風呂場で2発ぬいてもらったが、今もその余韻が残っているほど興奮した。マットでやるSEXも最高でした。叔母も仕事以外でマットはやったことがなく、非常に興奮したそうだ。俺も勿論ソープでしかマットやったことがなかったけど、ソープでやるより最高に気持ち良かった。

 

 

  47歳です。来宝がいつまで私を愛してくれるのか

来宝の叔母でございます。 投稿者: R子  投稿日:04月16日(日)04時11分07秒

  来宝の叔母のR子です。来宝からこの掲示板の話しを聞きまして書きこませて戴きました。私と来宝の関係は叔母と甥っ子の関係なのでございます。来宝がもう既に私とのことを書きこんでいるので言うまでもありませんが、私が来宝を誘惑したのは、危険な快楽を求めていたからでした。

  20年ほど前にソープ嬢を2年間やっていたせいか、普通のSEXがつまらなくなり、当時恋人もなく欲求不満の毎日が続いていたところに、当時18歳だった来宝が私の家に泊まった翌朝に、来宝の元気になっているペニスをたまたま見てしまったことが始まりでした。(注:叔母は36歳) 

  もう10年もこんな状態が続いてるんですが、身内の誰にもバレていませんのでやりたい放題です。ですが先日初めて生で来宝のペニスを私のあそこに受け入れてしまいました。それは私は来宝を愛してしまっているのです。私はバストには自信があり、来宝もフィニッシュする時は必ず私のおっぱいにむしゃぶりついてきます。

  前戯の時もおっぱいを攻めてる時間が圧倒的に長く、本番よりもパイズリの方が好きみたいです。時々私に手でペニスをこすらせて、おっぱいを舐めながらフィニッシュしたいという時もありました。しかしながら私は、もう47歳です。来宝がいつまで私を愛してくれるのか最近不安です。では、また書きこみにお邪魔致します。

 

 

 

  来宝はおっぱい星人

今夜も来宝と! 投稿者: R子  投稿日:04月23日(日)02時05分48秒

  R子でございます。来宝は先程眠ってしまいましたので投稿してます。今夜も来宝としました、みなさんも既に知っての通り来宝は私の姉の子供でございます。今夜も私のアパートに泊まりに来て3回もしました。最近は生でしてますが、来宝はフィニッシュ寸前にペニスを抜き私の口かおっぱいに発射するのが好きみたいで、今夜もいっぱい精子を飲みました。

  はっきり言って美味しいとは思いませんが、なんとなく好きです。私も今夜はかなり興奮して最高なSEXでしたので投稿してみました。

 

日本の絶景

犬山城 (愛知県犬山市

  尾張国美濃国の境、木曽川南岸の地「犬山(88㍍)」にあった城である。天守が国宝指定された5城のうちの一つである(他は姫路城、松本城彦根城松江城)。

  最後まで個人が所有していた城(平成16年まで個人所有)で、現在は、公益財団法人犬山城白帝文庫所有。

  江戸時代には尾張藩の付家老の平岩親吉が入城し、成瀬正成以来、成瀬氏9代が明治まで城主として居城とした。