告白 ただしコピペ

いい記事も読み流されていく。再度、読み直されていい記事を精選した。

ママに浮気されたパパが可哀相で(近親相姦掲示板 ☆告白・願望・妄想☆ 1999年1月分ログ)

近親相姦掲示 ☆告白・願望・妄想☆ 199812月分ログ

http://www.incestlab.com/index2.html

近親相姦掲示板 ☆告白・願望・妄想☆ 1998年12月分ログ

 

 

 

「セックス教えたろか? さあやってみい」

無いんです 投稿者: 小学生の弟と 投稿日:12月10日(木)21時19分09秒

  1年前から(当時小学5年)とキスの練習から、深い関係になりました。それは、前日転勤する同僚の送別会で飲みすぎちゃって、会社を休んだ日のことです。相変わらず弟とはそんなキスの練習にとどまっていましたが、「お姉ちゃん、セックスってどうするの?」って聞いてきたことがありました。「何いってんの。キスは教えたるけど、それはあかんョ!」って突っぱねたことがありました。

  でも、その日は前日の疲れから朝11時頃まで、ベッドで寝ていました。夢うつつの中、「お姉ちゃん、また教えて!」と目を覚ますと弟が顔を近づけて息荒くせがみます。私も「そしたら、あんたがリードしてやってみい!」って面倒くさがって言うと、弟はそれまで教えた様に唇を軽く嘗め回して、舌を差し込んで私の舌と微妙に接触します。

  そんな熱いキッスを続けるうち、私も恋人とやってるような錯覚に陥ってしまいました。「セックスも教えたろか?」こう言ってしまった自分が悪かったのです。弟は言ってもいないのにあっというまに服を脱いで、パンツ一枚になってしまいました。私も下着姿になって横になりました。「さあ! やってみい」 私も弟がよく知らないであろうけれど、意地悪く言って仰向けに寝っころがるだけです。「触ってもええんか?」 それでも、興奮した弟はやることで頭がいっぱいです。「ええよ」

  弟は私の胸(87のDだから結構あるんですよ)を揉みしだきます。それから、お腹や背中それに足を愛撫されます。でも何故かパンティのところには手を出しません。「パンツも脱いで、お姉ちゃんのブラとパンティも脱がして」そう言うと弟は自分のパンツを恥ずかしげも脱ぎました。

  当時小学5年の弟でしたが身長は私以上あり、そのものも毛は生えてませんが結構立派なんです。それに包茎と先入観があったんですが、立派に剥けているんです。私もそれを見ると妙に興奮しっちゃって、脱がしてといった自分のブラとパンティを脱いでしまってました。

  弟は私の体の上に乗かぶさり、キッスをしにきます。私も異常に興奮して、それだけで感じちゃいました。何時の間にか足を私の股間に割込んできた弟は、しきりに腰を振ります。弟のそれが私の大事なところを刺激して、またまた感じちゃった私は、弟のそれを私の中へ導き入れました。入れてまもなく射精しちゃったんです。すごい量でしたよ。その後3回続けてやりました。

 

  弟とはその日から両親の目を盗んで、週3回のペースでやっています。体位もいろいろ2人で試してるんですが、私はバックからされるのがいいんです。その格好でやりながら、私の鏡台に映る2人の姿を自分で見ると妙な気分になっちゃいます。

  安全な日以外スキンは着けてやるようにしてるんですが、その安全と思った日が間違ったのか、この間から、生理が止まってるんです。非常に憂鬱な日々です。弟とも最近は避けてます。こんな私だから、バチが当たったのか ......

 

 

  ホテルで、正常位2回に騎乗位1回、バックで2回

ありました 投稿者:小学生の弟と  投稿日:01月01日(金)01時38分47秒

  それから2・3日して無事ありました。(よかった) そう言う訳で、また小学6年の弟とのセックスを再開しています。

  昨日始めて2人でHOTELへ行きました。ドキドキものでしたよ。私は正月の成人式の貸衣装の件で、車に乗って出かけたんですが、その件を済ませ家にいる弟に、「ええとこ連れってたるから、パパとママに内緒で出てきぃ!」と言って連れ出しました。10頃に弟と落ち合い、一緒に目的のホテルへ車で入りました。

  そのホテルは以前付き合っていた彼とよく行った所で、ホテルの人とは一度も顔を合わせず、コンピューターで清算してくれるところなんで、大丈夫と思っていましたが、それでも、小学生と一緒に入るなんて見つかったらどうしようと心臓は破裂しそうでした。

  でも、以前知り合いの人が家族で旅行中泊まる宿が無かったんで、親子4人で泊まったと聞いてたし、ホテル側もビジネスホテルという建前で、風俗じゃあるまいし、別に誰と行こうが問題ないと開き直って入りました。「お姉ちゃん。これがラブホテルか! すごい!」

 

  部屋へ入ると弟はひどく感激して、鏡張りのベッドの上で飛び跳ねています。私の方は誰に遠慮なく弟とセックス出来るんで興奮してました。「孝之ちゃんおいで」 早速弟に抱きつき接吻です。弟は私をベッドに倒して、上から私にディープキッスを浴びせます。弟の右手はキッスをしながらも、私のDカップのバストをもみ上げます。(私の個人教授が上手なんでしょうね。)

  弟の舌は私の舌を悪戯に弄び、彼の唾液が私の舌の上注がれると私も負けじと、弟の注ぎ返します。そして、2人の交じり合った唾液の中で2人の舌がダンスします。(ああ、思い出すだけでも、興奮しちゃいます。)

  2人はくんずほぐれつ互いの体を密着させて、キッスを30分近く続けました。「孝之○○ちゃん。服脱ごう!」と私は弟の体を離しました。早速弟は全裸になりましたが。私は服を脱ぎませんでした。「今日は、お姉ちゃんが脱ぐのを見ててや!」と言うと私はゆっくりと上着を脱いでいきます。「そのパンツえらい小さいなー すごくHやなー」

  実はこの日のために前の彼氏からプレゼントされた、ピンクのTバックとブラジャーを着けてきたのです。ベットに座って私の脱ぐのを眺めていた全裸の弟のソレは、今にも爆発せんばかりに反り返っています。下着はパンティもブラも全体がシルクのレースになっており、ほとんどスケスケ状態です。「どう、お姉ちゃんの格好」と挑発的にお尻を左右に振ったり、弟にTバックで丸出し状態のお尻を向けて突き出したりしました。

  私の一年余りの実地指導でなれている弟でしたが、我慢できず部屋のカーペットに、勢いよく放出してしまいました。

 

  その後私も全裸になって、弟と第2ラウンドです。私の大好きな後背位で第2ラウンドを30分位、部屋の鏡に映し出される小学生の弟に、バックから攻められる(変態?)自分の姿に、エクスタシーを感じながら、弟は果てました。

  その後は弟と前もって持ち込んでいたお弁当を食べて、風呂に入ってお互い洗いっこ湯船で弟の上にまたがり第3ラウンドです。それでも風呂から上がると、まだ1時です。外は明るいし人目につくしということで夕方までそのホテルにいました。その間に5回(正常位2回に騎乗位1回、バックから2回)と言う訳でこの日は計7回(今までの最高は4回ですから新記録なんです。)

  家に帰った時には7時を回っていました。弟とまた行こうと決めています。今度は泊まりこみでもね。小学6年の弟と愛欲関係に溺れるこんな私ですが、変態と思われてもこの性癖は止まりそうにありません。同様の経験をお持ちの方がいましたら、お便り下さい。

 

 

 

初のバイブが兄にバレていた

バイブレーターでオナニー 投稿者: みゆ  投稿日:12月23日(水)18時05分52秒

  私は女子校に通う高1の女の子です。彼氏が欲しいけど男の子と出会うチャンスが少ないので、いまだに処女です。でもエッチは大好きで、小6の頃からあそこを触ると気持ち良くなっちゃって、それ以来毎日オナニーしています。中学に入ると私同様にエッチな友達とやり方を相談したりしていました。最初は指で気持ち良かったんですけど、だんだんエスカレートしちゃって、タンポンを入れたりするようになりました。でもタンポンはあまり気持ち良いものでもありませんでした。

  先々月のある日、兄の部屋のエッチな雑誌(写真の雑誌?)を見ていたらバイブレーターの通販の広告が載っていました。バイブレーターがどんなものかなんとなく知っていましたが、広告には沢山の種類が載っていてびっくりしました。形も色も皆違うんです。どう考えても入りそうにない程大きいものもありました。あんなのどうやって使うのかすごく不思議でした。

  その中でひとつピンク色の小さい卵のようなものがありました。なんか可愛いんです。私は処女なのに興味が湧いて、どうしても欲しくなりました。1万円でしたが、私は思い切って注文してしまいました。親に見つかったらどうしようと思いましたが、女性の名前で送られてきたので、学校の友人からと思われバレませんでした。

  その夜、家族が寝静まった頃、小包を開けました。ひものついたリモコンがあって、電池を入れると小刻みに振動しました。ジーという音もしました。私は興奮して、すぐにベッドに潜ってパンティを下ろし、アソコに当てました。

  使い方がよく判らなかったけど、とにかくクリトリスに当ててみました。だんだんと気持ち良くなってきて、今までにない快感を感じてしまいました。お尻の穴にも押しつけると、不思議な感じがしました。必死に声をあげないようにしていたのですが、「あっ、あっ」と小さくうめいてイッてしまいました。

  次の日の晩、ご飯を食べて自分の部屋に戻ると、兄がやってきました。兄は「お前、昨日オナニーしていただろ」と言いました。私はとぼけようと思いましたが、兄は続けて「何か変な音もしていたよな。あれ、バイブじゃないのか?」と私を問い詰めました。バイブレーターのことまでバレていたなんて。私はさすがに言い訳できないと思い「何でもするから、昨日のことは誰にも言わないで」と言うと、兄は「何でもだな。じゃ、俺の目の前で昨日やったことをやってくれとにやにや笑いながら言いました。

  私は仕方なく兄の言う通りにしました。ベッドの下からバイブレーターを取り出し、ジーンズを脱いでパンティの上からアソコに当てました。兄に見られていると思うと、何故か興奮してきて、アソコがすぐに濡れ始めました。「オレにもやらせろ」

  兄は私のパンティをはぎ取り、バイブレーターでアソコをいじりだしました。自分でやるより何倍も感じてしまい、5分もしないうちにイッてしまいました。イッてしまった後も、兄はクリトリスを弄(もてあそ)んでいました。

  それからは両親がいないのを見計らっては、2人でお風呂に入り、エッチなことをしています。もう20回くらいしてしまいました。今では私も兄のおちんちんを触って気持ち良くしています。私はまだバージンですが、兄に求められたら捧げてしまうと思います。

  実は兄と大晦日の晩に、初日の出を見にドライブする予定なんです。きっとそこで私はロストバージンすると思います。兄におちんちんを入れてもらい、体の中に射精してもらいたい。今はその日がすごく楽しみなんです。

 

 

 

 

近親相姦掲示 ☆告白・願望・妄想☆ 19991月分ログ

http://www.incestlab.com/index2.html

 

 

ママに浮気されたパパが可哀相で

約束 投稿者: めい  投稿日:02月04日(木)02時31分34秒

  パパと中学1年の時からセックスしてます。ママと離婚して半年ぐらいしてから、パパとセックスしました。パパのオナニーを手伝ってあげたのが最初でした。

  日曜日にクラブを終わって帰ってきたら、パパがあたしのショーツでオナニーしてるとこを発見しちゃったのです。ソファのとこで、Hなビデオを見ながら、大きくなったおちんちんをあたしのショーツでくるんで、オナニーしてるとこを見ちゃいました。ショックでしたが、可哀相でした。

  前に同じ場所で、ママが男の人とセックスしてるのを見たのもあって、一人でオナニーしてるパパが可哀相でした。ママが男の人にやってあげたみたく、パパを喜ばしてあげたくて、廊下で裸になって、部屋に入りました。パパは随分びっくりしましたが、あたしが黙ってパパのおちんちんを口に咥えたら、黙っちゃいました。

  ママがしてたようにしようとしましたが、初めてだったのでうまく出来ませんでした。かわりにパパがあたしの体中を舐めてくれて、気持ち良くしてくれました。最後はあたしのお腹の上に射精してお終いでした。

 

  次の日月曜でしたが、パパもあたしも会社と学校を休んで、朝からHなことばかりしました。デニーズで夜ご飯を食べてから、帰り道でパパがスキンを買いました。お風呂に入ってから、パパのベッドで始まって、泣いちゃいましたが、最後まで出来ました。

  次の日は学校に行きましたが、勉強なんか出来ませんでした。パパも同じだったそうで、けっこう早く帰ってきて、セックスしました。

  1ヶ月ぐらい毎日セックスしました。生理の最初の日に、パパが初めて中出ししました。すごい気持ち良くて、泣きそうになりました。4日ぐらいパパもあたしも我慢して、セックスした時に、パパがあたしのオマタを舐めてくれるころから、気持ち良くて、セックスし始めたら、死んじゃうくらい気持ち良かったんです。

  5年経った今(注:高3)では、パパが触ってくれるだけで、感じちゃいます。今年に入ってからの約束で、パパが昨日から中出ししてくれてます。あたしが卒業したので、パパと結婚するんです。パパの転勤も決まったので、あたしも若いお嫁さんということで着いて行きます。パパの子供が欲しいんです。

 

日本の絶景

寝覚の床(ねざめのとこ 長野県上松町

  木曽川の水流によって花崗岩が侵食されてできた自然地形である。かつては急流であったが、上流に設けられた木曽ダム(昭和43年)により水位が下がったために、柱状節理が良く判る。

 

浦島太郎伝説

  浦島太郎は竜宮城から玉手箱と弁財天像をもらって帰り、日本諸国を遍歴したのち、木曽川の風景の美しい里にたどり着いた。ここであるいは釣りを楽しみ、霊薬を売るなどして長年暮らしていたが、あるとき里人に竜宮の話をするうち玉手箱を開けてしまい、齢300年の老人と化してしまった。

  また浦島太郎には、今までの出来事がまるで「夢」であったかのように思われ、目が覚めたように思われから、この里を「寝覚め」、岩が床のようであったことから「床」、すなわち「寝覚の床」と呼ぶようになったという。