告白 ただしコピペ

いい記事も読み流されていく。再度、読み直されていい記事を精選した。

下から妹がペニスをあそこに宛がい、「お兄ちゃん、入れて」(近親相姦掲示板 ☆告白・相談・願望・妄想☆ 1997年11月分ログ)

近親相姦掲示 ☆告白・相談・願望・妄想☆ 199711月分ログ

http://www.incestlab.com/index2.html

 

 

脚を思いっきり広げて、ヘアー、割れ目が丸見え

(無題) 投稿者:きーぼ  投稿日:11月26日(水)00時57分13秒

  2年前、僕が14で、姉が16の時のことです。姉が程よい太さと、長さの先の丸まったプラスチックの棒でオナニーをしているのを知った時から、姉に対する思いが変わりました。

  数日後、両親がおじさんのお葬式で家を留守にした時。決行しました。姉がお風呂に入ってる時、わざと知らないふりして僕もお風呂に入っていきました。すると姉は「なに あんた!」と怒るような声で言いましたが、僕は「なんだ、入ってたのか。でも 服も脱いじゃったから一緒に入ろうよ」と言い入っていきました。姉は、湯船のなかで動こうともせず、僕も一緒に湯船にはいって姉の体をじっと見ていました。

  すると姉が「あんた、先に体洗いなさい」と言ってきました。が、僕はとまどってしまった。というのも、湯船の中ですでにちんちんがおおきくなってしまっていたのです。おもいきって湯船から立ち上がると、向かいあっていた姉の目には大きくなったペニスが目にはいったはずです。けれども、一瞬目線はペニスに向かっていましたが、すぐに知らないふりをして、俯いてしましました。

  これで、ふっ切れた僕はわざと姉の方に向かって座り、ペニスが見えるように体を洗っていましたが、姉は俯いたままです。僕は皮のかぶったペニスの皮を剥き、本当のペニスをさらけ出しながら頭も洗い、姉と交代する時がやってきました。姉の前に立ち「お姉ちゃん、交代だよ」と言うと姉は立ち上がろうとした瞬間、僕の皮の剥けたペニスが思いっきり目に入ったのでしょう。姉はペニスを見たまま動けなくなり、その後に湯船から上がっていきました。

  姉は体を洗ってる時、脚をギュっっを閉じて どうにか見えないようにしていましたが、僕が姉の胸に触ろうとすると「こんな狭い所でできないでしょ! 後にしなさい!」と言った後は、姉も吹っ切れたのでしょうか、頭を洗っている時には、脚を思いっきり広げて、うっすらとしたヘアー、割れ目が丸見えでした。

  風呂から上がると何も着ずベッドへ直行し、気づいた時には僕は姉の胸に射精していました。

 

 

 

「美咲、いやじゃないのか?」「私SEX好きなの」

とうとう妹と... 投稿者:ひろ  投稿日:11月28日(金)21時16分32秒

  とうとう妹とやってしまいました22歳の兄です。妹はまだ15歳なのですが、大きくてプリンの様に揺れる胸に悩まされ続けていました。それを見ていつも勃起していました。今晩から両親が外泊なので、私の欲望を制御できなかったみたいです。

  妹が風呂から上がって来て部屋に戻ってから、私も部屋に入りました。風呂上がりなので当然ノーブラで、もう一気に勃起しました。2、3分話したところで突然妹の背後から胸を鷲掴みにしました。「お兄ちゃん、何するの!」と言いましたが、「美咲って最高だ!」と言って一気に妹を脱がしました。私も脱ぎやすい服にしていたので、あっと言う間に2人とも裸になりました。

  妹はただただ驚いていたようでしたが、間髪入れずベットに押し倒して、結合しました。もう、最高です。妹の体は胸だけでなく体中プリンのように軟らかく、そしてあそこが熱くなっている。しかも、7歳も年下の現役女子高生とSEXしているんだ!

  しかし、意外でした。妹は抵抗してこなかったのでした。「美咲、いやじゃないのか?」と聞いてみたら、意外にも妹は「...私SEX好きなの」と小声で言ってきた。仰天である。そういえば、痛がりもしなかったし、血も出なかった。聞いてみれば、私は2人目で、1人目でSEXの良さを知ってしまったが、別れて相手がいなくてたまっていたらしい。そうと分かれば、もうやりたい放題。1時間やりまくりました。

  体験は少ないようでしたが、感度がよくあえぎ声も出しました。とにかくムチムチのしかし幼い体が最高でした。終わってから妹に「お兄ちゃんとこれからたまにエッチしような」と言ったら、「私の方からも来るね」と言ってくれました。

  最高だ! これから、妹の夢のようなSEXライフが送られる! 両親にバレないようにやるかがこれからの課題! 寝る前にもう1回ヤリに行くつもりです。それでは!

 

 

近親相姦掲示 ☆告白・相談・願望・妄想☆ 199712月分ログ

http://www.incestlab.com/index2.html

 

中1の夏休みに、お兄ちゃんに処女をあげました

☆お兄ちゃん大好き☆ 投稿者:お兄ちゃんの女の子  投稿日:12月03日(水)13時21分10秒

  私、お兄ちゃんの事大好きなんです! お兄ちゃんは私と小さい頃からよく遊んでくれました。お兄ちゃんと、私は3歳としが離れています。自分が実の兄の事を好きだと気がついたのは、小6の始まりの、生理が始まった時くらいでした。

  その日は、テニスがあって、白いテニスウェアを着てたんだけども、テニスが終わって、お兄ちゃんがお迎えに来てくれて、更衣室で着替えてる時に出血を発見して、始めは「痔」とかいうのだと思ってお兄ちゃんに言ったら、お兄ちゃんは驚いた顔をして、「それは、お前・・あれだよ・・あの・・セイリ・・」って言ったのです・・。

  私は、恐くなって、お兄ちゃんの後を歩きながら、泣き出してしまいました。そうしたら、お兄ちゃんは「何、泣いてんだ、お前?」って言いながら、仕方なさそうに、私の手を握って帰ってくれました。

  私が恐くて、お母さんに言えなかったので、お兄ちゃんが代わりに生理の事を言ってくれたら、お母さんは「お赤飯にしなくちゃね」と言いました・・。

 

  その後から、私はお兄ちゃんがよく私の事をみる事を発見しました・・。お兄ちゃんが私の事を意識してるって言う事がハッキリと感じるようになったのです。中学に入ってから、それはますますひどくなりました。何だか、すっごぉぉく嬉しかったんです!

  だから、私はわざとお兄ちゃんのお部屋に、バスタオル1枚で入ったり、雨が降ってて雷とか鳴ってる夜とかに、恐くて、眠れないって理由をつけて、お兄ちゃんのベッドに入れてもらって、お兄ちゃんに抱きついて眠ったりしたの。(お兄ちゃんは、「うっとうしいから、離れろ」って言っていたけれども。。)

  そんなこんなしてるうちに、私は本当の本気でお兄ちゃんの事誰よりも好きだって思うようになりました。

 

  でも、お兄ちゃんは、高校に入って彼女作っちゃって、私はすごく悲しくて、むかついて、彼女さんがお電話して来て、お兄ちゃんがいない時とか、その事お兄ちゃんに言わなかったし、それに、お兄ちゃんがいても、私が出た時は、「いません」って嘘をついたりして・・後で自己嫌悪におちいったりもしたんだけど、それでも、お兄ちゃんを誰にも取られたくなかったから、嘘ついていました。

  でも、それが、ある日バレちゃったんです・・。バレた時は、「やらなきゃ良かった」って後悔したけれども、でも、それがプラスの方に動くとは思っていなかったんです。その事で、口喧嘩してた時、私は、いきおいあまって(しかも、興奮してたから)、「だって、だって、だって、私、お兄ちゃんの事大好きなんだもん!」って言っちゃったんです。

  そうしたら、お兄ちゃんは、びっくりしたような顔をして(それでも、前から知ってたよって言ってる表情もしていました・・)私の事見ていました。それから、お兄ちゃんは私の手握って、「お母さん達に言うなよ」って小さな声で言うと、私の唇に自分のを交わらせて、舌を入れてきました。私は、もう頭がカァッてなって、何も考えられなかったけれども、お兄ちゃんの背中にうでを回して「ぁぁ、お兄ちゃん、お兄ちゃん・・」って言っていました。

 

  中1の、夏休みに、私はお兄ちゃん(注:高1)に処女をあげました。両親が北海道に旅行した時でした。両親がお家を出るとすぐに、お兄ちゃんは玄関にチェーンをかけて、鍵も閉めて、私を自分のお部屋に引っ張ってって「千鶴大好きだよ、おいで」って言って、私を抱きしめて「もう我慢出来ないよ」って、ベッドの上に押し倒しました。

  それだけなのに、私はもうどきどきして、「お兄ちゃん、死にそう・・」って言っていました。お兄ちゃんは、私のお洋服を全部脱がせると、自分のも脱いで、私の上に覆いかぶさるようにしてきました。

  お兄ちゃんは、おっぱいを舌でレロレロしながら、「可愛い、可愛い、千鶴のちいさなおっぱい」って言いました。私は、恥ずかしくて、それでも、嬉しくてどきどきしながら、お兄ちゃんの言った事をいちいち頭で繰り返して言っていました。それでも、お兄ちゃんが足を押し広げて、自分のモノを入れて来た時は、頭が割れそうなくらい痛くって、痛くって、「お兄ちゃん、痛いよぉ、痛いぃ・・我慢できないよぉ」って言っていました。

  終わった後、お兄ちゃんに背をむけて、泣きました。どうして、泣いたのかまだよく分かりません・・。何だかものすごく寂しくて、悲しかったんです。だけど、その気持ちは何日かすると無くなって、またお兄ちゃんが夜中に私のお部屋に入って来ると、すぐに、ベッドから出て、お兄ちゃんに抱きついて、エッチな事沢山するのです。

 

  今、私が高2で、お兄ちゃんは大学行っています。まだ、お兄ちゃんの事大好きです。私もお兄ちゃんも恋人は一応いるのですが、それでも、お兄ちゃんが一番だし、お兄ちゃんも「彼女は千鶴に顔が似てる人を選んでるんだよ」って言ってくれています。これからも、この気持ちは変わらないと思います。

 

 

 

下から妹がペニスをあそこに宛がい、「お兄ちゃん、入れて」

思い出に変わるまで 投稿者:KK  投稿日:12月18日(木)01時14分38秒

  妹とのセックスは懐かしい思い出です。それは、初めてのセックスだったせいなのかも知れません。ふたりがそういう関係に入ったのは、ごく幼い頃からで、お互いの肌の心地よさを楽しむと言ったもので、罪悪感は皆無でした。

  性知識に目覚めだし、オナニーを覚え始めた頃からは、性器を擦りつける、いわゆるスマタを楽しむ様になりましたが、兄妹でのセックスが禁已であることを知ったのはその後のことでした。

  私が中3、妹が中1になる頃には、お互いに最後の線を越えることを望むようになりましたが、私は包茎でしたし、妹も大変に華奢で、また知識も乏しかったせいもあり、時々試みるもスマタで満足すると言ったことを繰り返しました。妹はとっても可愛くもてる娘でしたが、私自身は女として愛してはいませんでした。普段はごく普通の妹として接していましたし、自分から行為を求めることもありませんでした。 

  タブーを犯しているという恐怖もありましたし、時折私のベットへと訪れて来る妹を拒みつつも、その匂いや肌のぬくもりに拒みきれずに応じる、そんな関係を続けて行きました。

  初めて結ばれたのは妹が中2の夏休みの時でした(注:兄は高1)。ベットに入ってきた妹を拒みつつも、フェラチオの気持ちよさに、我を忘れ正常位の形で妹を抱きしめると、下から妹がペニスをあそこに宛がい、腰を動かして来たのです、そして消え入りそうな声で「お兄ちゃん、入れて」とせがむのです。何とも言い様のない愛しさに支配され私は腰を埋めて行きました。

  破瓜の痛みと結ばれる喜びのおりまざった妹の声は、今も忘れる事が出来ません。そのまま明け方まで何度も抱き合った後、早朝の公園まで私のバイクで出かけました。ふたりは、つきあい始めたばかりの恋人のように意識しあい、時々見つめ合ったりキスしたりして過ごしました、誰に見られても構わないと立木の多い茂みで、立ちバックでのセックスもしました。

 

  それからも私は自分から妹を求めることはありませんでしたが、拒むことも無い数ヶ月を過ごしました。妹の体は花が開くように女を増して行き、身体はより強い快楽を私に与えてくれましたが、歓喜に喘ぐ妹の姿には、あの日に感じた愛おしさは見つけだせませんでした。 

  女を知った自信からか、その後私は結構もてるようになり、恋人も出来ました。今考えると不思議ですが、恋人に対する貞操感から、妹とのセックスを拒むようになり、妹にも恋人が出来、いつの間にか関係は終わって行きました。

  私が19の頃、再び関係が始まりましたが長くは続かず、最後に妹がベットに来た21の時、「これを最後にしようね」と約束してふたりは兄妹に戻りました。

  それから15年、ごくごく普通の兄妹として付き合っています。私は独身ですが、妹はごく普通に結婚して子供もいます。これで良かったと今は思っています。ただ、あれから何十人の女を抱いたのか覚えていませんが、あの日の妹ほど愛しく感じた女はいませんでした。 

  長い間自分の中に封じ込めていた思い出を解き放ち、今夜はぐっすり眠れそうです、あの日の妹がベットに忍んでくることを願いながら。

 

 

 

眠った振りしているが、パパが好きです

ねむったふりはもういや。 投稿者:まみ  投稿日:12月24日(水)07時23分12秒

  父との関係は私が眠り続けるお芝居の上に成立しています。気の弱いパパ。人の部屋をこっそり開けて、ベッドの下から布団を少しずつ持ち上げて、時々手をとめて、常に寝息を確認しないと先に進まない。いつもそろりそろりと触ったり、あそこに舌を入れたり、たまらない時はおちんちんをつるっと挿入して、いやらしく腰を動かしたりするくせに、目が覚めないはずないでしょう! 

  声を抑えてひたすら硬直して、寝たふりを続けるのはもうイヤ! わたしはパパが思ってる程ねぼすけじゃないのに! パパに犯されるよりも、感じちゃいけない、決して目を開けちゃいけない方が苦しい! 起きている私としっかり向き合って、セックスして欲しい。ママとのことも聞いて欲しい。最初はママにパパのしていることを打ち明けて、救って欲しくてずいぶん辛かったけど、そんなことをしたら、ママ死んじゃうかもしれないと思って、じっと我慢した。

  でも今はすっかりパパのとりこ。ママとセックスしてるのだったら許さない! 起きてセックス出来るママが死ぬほど羨ましい。世界にふたりだけだったらいいのに。そしたら私がどれくらいパパのことが好きか伝えられるのに。パパ、ラブホテルに連れてって!

  そうじゃなかったらパパの代わりに、だれかおじさんとセックスしてやる。ママもほんとは気がついてるんじゃないの? 無邪気な家族ごっこはいつまでつづくのか不安です。

 

 

  日曜日パパが家にいる時は、普通の父親の顔をして

 (無題) 投稿者:まみ  投稿日:12月25日(木)22時15分11秒

  誰にも言えないことを告白できてすっきりしました。パパが次に来てくれるまで、私は毎日真っ裸で寝るつもり。きっとびっくりすると思います。でもどうして実の娘をそんな風に思うようになったんだろう? 日曜日パパが家にいる時は、普通の家族のように、晩ご飯を一緒に食べて、洗い物を手伝った後、一緒にテレビを見たりする時は、普通の父親の顔をして、私の将来のことを聞いてきたり、大学の友達の話しをしたりするのに、別の人みたいです。

  私にいやらしいことをする人と同じ人には思えない。パパの考えていることが解りません。私をいったいどうしたいのでしょうか?

 

 

  昨夜は本当に真っ裸で休みました

レスをありがとうございます。 投稿者:まみ  投稿日:12月26日(金)23時54分59秒

  独り言のつもりで投稿したのに、思いがけないアドバイスを頂いて、すこしびっくりしています。でも、どうも有り難う御座いました。男の子の悩みだったら、いえ血が繋がってさえいなければ、相談する相手はいくらでもいるのに、父親が好きでたまらないなんて相談したってそんなことを告白したら、きっと私は友人をなくしてしまうでしょう。

  罪悪感とともに、不安と孤独のなかにいましたので、なんだか理解して下さる方がおられることを、とても有難く思います。昨夜は本当に真っ裸で休みました。父がわたしを見たらどう思うだろうと、ドキドキしてなかなか寝つかれませんでした。しかし、父は相当遅かったらしく、私の所へは来てくれませんでした。ですから今朝はなんとも惨めな気持になりました。おまけに冷えて少し熱っぽいです。

  朝食の時に、いつもは父の方が早く出るのですが、今朝は顔がみたくて一緒に食事をとりました。「夕べはちっとも眠れなかったよ」って愚痴を言っても、当然ながら、私の思惑を察知しない返事が返ってきてさらに落ち込みました。(目の下のクマをパンダみたいにといわれました。)

  実の父親にセックスをして欲しくて準備して待っているなんて、なんだか悲しいです。悶々と永遠に眠れそうにないので、パパの愛撫を思い出しながら自分を慰めましたお嬢さんのように、のびのびと自分を表現できたらいいですね。

  最後に、ダーティーなんて私はちっとも思いません。人を楽しませるために、あえてダーティーを楽しんでおられるのでしょう。父はきっと一人娘の私が、可愛くてしかたがなくって、それを表現するにそれしか方法がないから、自分をおさえられない程の愛情で私に接してくれてるのでしょう。私はそう信じています。

  セックスを目的に調子のいいことを言う男の子達の方が、汚いと思います。

 

日本の絶景

昇仙峡 (しょうせんきょう 山梨県甲府市

  特別名勝に指定されており、国内有数の景勝地である。