告白 ただしコピペ

いい記事も読み流されていく。再度、読み直されていい記事を精選した。

双子のセックス 2/2(「じゃあ、やるか?」「興味あるんならどうぞ?」)

親近相姦の実体験話して21

http://www.unkar.org/read/venus.bbspink.com/hneta/1173510024

 

 

 

双子のセックス 2/2

 

   膣の締まりは腹筋の力飲食して腹筋が動くのが判る

318 :えっちな18禁さん[sage]:2008/02/16(土) 14:36:59 id:VXdq2ob10

  括約筋は入り口を締めるだけで、膣全体の締まり感って実際には、ほとんど腹筋の力らしいから、飲食して腹筋が動くのが判るんじゃないの?

 

 

  お互いにお互いが初めての相手?

319 :えっちな18禁さん[sage]:2008/02/16(土) 19:59:14 id:BemDJ/bU0

  なるほど…内臓じゃなくて腹筋ですか。

 

>>308(珍しい物入れられたら報告ヨロ!!)

  あんまり突飛なものはやらないですよ。基本的に身の回りの物です。珍しいと言うと……空気式イヤホンとか。

 

>>316(お互いにお互いが初めての相手?)

  私はそうです。相方も九分九厘そうだと思います(実際に聞いたことは無い)。挿入は中学に上がってからですが、指や口のHはそれ以前からしてたので。御蔭で、初体験に何の思い入れもないですorz

  普通にH遊びの延長で入れてしまった……

 

 

  胸を触る場合なんかは、相方は精神安定が主目的

320 :えっちな18禁さん[sage]:2008/02/16(土) 20:10:34 id:BemDJ/bU0

>>310(スキンシップの延長感覚でそこまで性的なことが出来るというのは、なかなか興味深い話です。兄妹ならではの話ですね。)

  多分、それが私達にとっては、性以外の意味も持つのが問題なんでしょうね。特に胸を触る場合なんかは、相方は精神安定が主目的だったりもするんです。

  高校の頃の話ですが、互いに机に向かっている途中で、やおら人の椅子の後ろに回り込んできて、揉んできたりとかありました。一応「どうしたの?」って聞くと、大抵は「いや何でも無い」と即答です。人の乳揉みながら。で、そのまま、5分もすると「ご協力、有難う御座いましたー」とか普通にフザケタ感じで、ご丁寧にブラまで付け直して退散します。何というか、気分転換に弄るぬいぐるみ扱いですw

  しかし、そこからHに転がり込むことも無いわけじゃ無いので、ママのおっぱい代わり、っていうのでもないんでしょうけど。

 

 

  「じゃあ、やるか?」「興味あるんならどうぞ?」

328 :300[sage]:2008/02/19(火) 00:56:06 id:x14NGgEP0

>>324(よろしければ、最初にHした時のいきさつとか。)

>>326(禁断の関係性からくる興奮が、本人たちから全然伝わってこないw)

  うーん、禁断であることを、全く意識しなかったわけじゃないんですよ。そこと絡めて初めての話。

  中学の頃には、コレはヤバい事という意識が、もうありました。というか、当時は思春期真っ盛りだったわけで、近親どうこう以前に、性的な事柄への反発が一番強い時期でしたしね。(興味と表裏一体ですが) 当然、相方を含めた家族への反抗心とかもありました。

  ただ、そういう自分こそが、一番認め難い時期でもあるじゃないですか。思春期だから家族や性へ反抗するとか、そんな倫理の教科書に書いてある分かり易い子供じゃないんだ、自分は。みたいなw 我ながら中途半端なひねくれ方をしてました。

  それに加えて、禁忌とか秘密とか言ったものにも、無駄に魅力を感じる年頃なわけで。友達や先生に絶対に言えない何かをしている自分に、理不尽な優越感を覚えたりとかもありましたね。

  そんなわけで、相方との乳繰り合いにも、抵抗を覚えなかった訳では無いんですが、寧ろ抵抗を覚えたからこそ、尚更エスカレートしていったという。「Noと言ったら負けかなと思ってる」状態でした

  抵抗と言うとちょっと語弊があるかな。とにかく、「ヤバい」という感覚です。相方の方もHの部分に関しては似たような感じでしたね。より大胆な事を言い出した方が勝ちみたいな、チキンレースの様な状態でした。

  で、そんなある日に、相方がどこぞから「偶然」にゴムを仕入れてきましてw 最初は2人して説明書の絵とかに大笑いしてましたが、すぐに空気の読み合いになり、「じゃあ、やるか?」「べっつにー?興味あるんならどうぞ?」みたいな感じになったと。正直、行為より、ハッタリのつけ合いの方に気を張っていたと思います。

  内容はもう記憶が怪しいので簡潔に。既に指入れとかしてた分、痛みは普通より少なかったと思いますが、感じるのはとても無理でしたし、実は相方の方も快感より痛みの方が勝ってしまったそうで、結局最後は私が口でして終了。まあ厨房の分相応なわけですが、当時は正直、拍子抜けしましたねw

  知ってて踏み越えた場合はまた違うんでしょうが、気付いたら踏み越えてた私みたいな人間は、そこを意識しにくいのかもしれません。私見ですが。ぶっちゃけた話、禁断の関係とやらも、何年もやってればいい加減慣れるよというかw

 

 

  はじめて感じた時やイッた時のことはどうでしたか?

344 :300[sage]:2008/02/24(日) 23:11:15 ID:96Gp91kJ0

  「この日この時初めてイッた」という明確な記憶があるわけでは無いんですが、ちゃんとHで感じるようになったのは、高校に上がってからですね。

  中学の頃のHは、快感よりも「イケナイ遊び」の要素が主目的だったので。ロクに準備もしないで指入れとか、挿入とか、無茶してました。御蔭で結構痛いこともしばしば。まあそれでも、楽しいは楽しかったんですけどね。

  で、高校になってやっと、じっくり前戯することを覚えまして。愛撫するにしても、いきなり69じゃなくて、まずゆっくり抱きあってキスしてからとか。そういう基本的なことですが、でもやっぱりちゃんとすると体の仕上がり具合が違うじゃないですかw

  それまでは、「単に快感を得るだけなら、自分ですればいいじゃん。その方が気持ちいいに決まってるし」みたいな考えだったんですが、この頃ようやく「そういう問題じゃない」と気付きました。同じ性感にしても、ふわふわ感が違うというか。ベクトルがちょっとずれてるぞと。正直、驚きでした。

  ただ問題は、相手に焦らすという武器を与えた事。当時は割と本気で悔しかったですw

 

 

  親バレしそうになったことはないのですか?

350 :300[sage]:2008/02/26(火) 23:31:43 id:GpTfzFtM0

>>348

  一応、今までバレたことがないので、ここまでやってきましたw まあでも、何といっても一番気を使うところではあります。生まれてから今までずっと同室なので、触りっこぐらいなら、隠れてするのはそんな難しくないです。

  真夜中とか時間を選んで大人しくしてれば、踏み込まれることはまず無いですし。壁もドアも安普請で薄いですが、逆に外で物音がすれば一発で分かりますしね。

  だから一番危なかったのは、「隠さなきゃいけない」という意識が薄かった、小中の頃だったと思います。内緒の遊びではありましたが、親に隠れて漫画を買ったりとか、そういうのと同じレベルでしかありませんでしたから。

  ただ当時でも、お互い素っ裸になってやるようなHは、さすがに両親のいない時を選んでました。私が覚えてる限りで一番際どかったのは、お風呂で遊んでる時に、母親が予想外に早く帰宅した時かな。玄関の鍵の音に気づいた時点で、すぐに相方が外に出たので、無事回避できました。「濡れたまま出て、脱衣所びしょびしょにすんな」と怒られてましたがw

 

 

  自分自身に抱かれてるのって不思議な感覚なんだろうね

357 :300[sage]:2008/03/01(土) 23:30:02 id:IGeSMEyz0

>>354 >>355

  確かに、うちは二卵性で、しかも性別まで違うわけですから、相手が自分自身という感覚はあまりないですね。ただ、過去ログを読んでて、「Hの時に、兄弟の体は自分のもののように感じる」っていうのが結構あったけど、そこは解らなくもないです。より厳密には、「相手の事情が自分の事情のように感じる」というか。

  例えば、口で銜えてするのは、一般的には所謂「して上げる」行為に分類されると思います。が、私はその感覚が他の人に比べて希薄みたいです。あんま突っ込んで話し合ったことがある訳じゃないので、「みたい」止まりですが・・・

  感謝とか、奉仕とか、褒美とか、そういうのに成りにくい。それだけ楽って意味じゃないですよ。(そりゃ場数は人より踏んでますが、疲れるもんは疲れますw)

  感覚的には、もののついでで、掃除機かける感じでしょうか。例えば自室をかけ終わって、でも一度掃除機を引っ張り出したらある程度やっちゃった方がキリがいいし、気分もいいから、ついでにリビングとかもかける事とかありますよね。

  それって、別に家族の義務とか貸しを作ろうとか、そういうのでは無いじゃないですか。そりゃまあ、感謝されて悪い気はしないし、100%自己満足でも無いですけど。

  それと同じ、とは言い難いですが、方向性は似ているかなと。隣で相方がムラムラしてて、それを自分が解消するのに不都合が無いのに、敢えて放置するというのは、なんというか気分が悪いというか。

  相方が可哀想というより、放っとくと自分もイライラするから、する。勿論、純粋に相手が喜んでくれるのが気分いいから、ていうのもありますが。

  以前、女同士の軽いH話で話しを振られて、「口は望まれたらするよ」と言ったら、「男に従属し切ってる」とか、「無意識に都合のいい女を演じてる」とか散々言われたんですが、それは違うー、と。もちろん、相手が双子とは言えないんで、碌な反論も出来ませんでしたが。

 

 

376 :300[sage]:2008/03/08(土) 23:28:53 id:sxdXWxEC0

>>359(女の子の間ではフェラにそういう認識あるよな)

  まあ、個人差が大きいと思いますよ。基本的に「してあげてる感」が全ての行為ですから。頼まれてするのは悪い気がしなくても、それが当たり前になっちゃうのは嫌っていう子が多いかな、私の周りには。

  本当に気分が乗らない時、断るのが気まずくなるっていうのもありますし。うちはそこん所、気兼ねなく「今日は無理」と言えるので楽(当たりまえだ。勿論、生理的に行為そのものがダメって子もいますけどね。あーでも、私は結局のところ特殊過ぎる人間なので、あまり参考にしないで下さいw

 

>>360(ハメ撮りはありますか?)

  羽目撮りはないなあ。多分、ビデオとか構えられたら興奮以前に緊張しちゃって、私が冷めちゃうと思います。相方も撮影には興味なさそう。というか、そういう証拠を残すことはやりたくないです。

 

 

  双子さん、避妊状況はどうなってんの?

377 :えっちな18禁さん[sage]:2008/03/08(土) 23:51:43 id:sxdXWxEC0

>>368

  避妊は確実にしてますよ。やっぱり、洒落にならないですから。幸運にも、相方はゴムで問題ない奴ですので、基本的にそれでしてます。最後に生で飲んで上げれば、別にそれでいいらしい。

  でまあ、じゃあ生でしたこと1回もないのかと言われると、Noとは言えないんですが… 一応、ビリングズ・メソッドと基礎体温の併用したとか、いろいろ言い訳はあるんですが、結局のところ向こう見ずでした。もうしません。正直、した月はどこか不安で、ずっと落ち着かなかった。

  相方もその辺の知識は共有してるし、意見の相違もないです。ただ、余計な婦人科知識をつけさせ過ぎたみたいで、人のおりものチェックとか始めようとした日には、どうしてやろうかと思ったw

 

 

 

  鬼畜の父「小学校に入る時にする儀式なんだ」

381 :えっちな18禁さん[sage]:2008/03/09(日) 15:12:31 id:lyarI85F0

  中学まで父親のフェラをし、中学3年からはセックスもした。母親を2歳の時に亡くして、ド田舎で汚い小さい工場で働く父親に、中学卒業まで育てられた。六畳一間の汚いアパート。田舎なため小学校も中学校も生徒が10人いるかいないか。

  中学卒業まで父親と一緒にお風呂に入っていた。とにかく新しい情報が入ってこないほどの田舎。自分が変なことをしているとは、みじんにも思わなかった。

 

  父親は元服役囚。罪名はわからないが、悪いことをして刑務所に入っていた。小学校に入る前、いつもいっしょにお風呂に入っていた父親に、フェラを教えられた。「小学校に入る時にする儀式。でもお父さんの田舎での儀式だから他の人には内緒だよ。」

  その日から毎日のように父親の肉棒を咥えた。

 

  どうにも父親の出す白い液が好きになれない。一度は嫌がってみた。父は「お前が病気にならないように、毎日精のつくものを与えているのに、お父さんを悲しませるのか?」と殴られた。

  中学に入ると思春期を迎える。胸は形を成し陰毛は茂る。中学3年のある日、男子から告白され付き合うこととなる。隠し事は許さない父に打ち明けると「そうか。お前も大人になったんだね。じゃあお前に最後の儀式をしなければ。」「これは娘が男と付き合うと、父親が必ずしなければいけない行為なんだ。」

  そう言うと、父は私がそれまで咥えていた肉棒を、わたしの股へ向けた。

 

  痛い。激しい痛みが股間あたりを突き抜けた。血が出る。混乱した私は泣き始めた。

  その日から父はフェラでイクことは少なくなり、代わりにセックスで行くことが多くなった。中学卒業を迎える1週間前、父親は酔っ払った勢いで外にある石につまづき、溝に落ち頭を強く打って死んだ。

 

世界の絶景

ボラボラ島(フランス領)タヒチの西北西

  ボラボラ島の魅力は、フランス領ポリネシア随一、世界でも1、2を争うほどのラグーン(注:砂州サンゴ礁により、外海から隔てられた水深の浅い水域)の美しさにある。Y字型に見えるのは、水上バンガローである。

f:id:kirinokojiroo:20220116051829p:plain