告白 ただしコピペ

いい記事も読み流されていく。再度、読み直されていい記事を精選した。

義理の娘の胸と股間を触って、離婚(家族に性的なことをして悩んでいる人)

家族に性的なことをして悩んでいる人

http://www.unkar.org/read/life9.2ch.net/jinsei/1162536652

 

 

義理の娘の胸と股間を触って、離婚

252 :マジレスさん[sage]:2007/01/05(金) 00:32:55 id:zk4kXgzp

  12歳になる義理の娘の胸と股間を触ってしまったorz...  おれは、最悪な人間だ・・・ もう、死んでしまいたい。

 

254 :マジレスさん:2007/01/05(金) 07:57:54 id:y4W0O88V

>>252

  今自分の非を認めて謝らないと、あなたの義理の娘さん、将来高確率で精神病むよ。覚えてない、忘れると思ったら大間違い。娘さんの為に謝った方がいい、アンタ自身の為にも謝った方がいい。

  自分の起こした行動に責任を持つ事が、自分の人生を自分の責任で生きるって事が格好良い生き方なんでねぇの?

 

   4回も。自分は、その娘との距離を縮めたかった

255 :マジレスさん:2007/01/05(金) 08:00:25 id:zk4kXgzp

  去年の6月の結婚直後~8月にかけて4回も・・・ 自分は、その娘との距離を縮めたかったのに、全く逆の事をして、その娘と妻を傷つけるだけでなく、周りにも迷惑をかけることに・・・

  自分は、その行為をしたことも忘れ、いままで一緒に過ごしていた。妻が娘の様子がおかしい事に気がつき、問い糺した事で事態が発覚。その娘に「もうしないで」言われ、自分は、もう2度としない事を約束した。

  児童相談所やカウンセラーにも「離れた方がいい」と言われ、年末から実家に戻っている。今は、自分の顔も見たくないと思っているだろうし、妻にもこの事でストレスを与えてしまっている。自分も取り返しの付かないことをした罪の意識で、毎日が苦しい。

  自分としては、その娘と妻へ誠意をもって対応をしていきたい。

 

   謝りたいという気持ちと、同居したい気持ちと

256 :マジレスさん:2007/01/05(金) 08:14:00 id:zk4kXgzp

>>254

  有難う。もっと謝りたいという気持ちと、これから、その娘がこの事を乗り越えていける様に、自分が出来る限りの事はしていきたい

  妻も仕事や家事での疲れとストレスで、その娘に当ってしまうこともあるみたいだから、可能であれば、戻って妻の負担を減らして、その娘との時間を持てるようにしていきたいとは、思ってるけど。

  今は、その娘にとって思い出したくない、顔も見たくないのが本心だから離れていても出来る事をしていきたい。

 

   お前からのアプローチは止めとけ

261 :マジレスさん[sage]:2007/01/05(金) 23:46:26 id:N6HVj1F0

>>256

  発覚した後なのか…。オレの主観なので世間がどうかは分からんけども。正直、お前からのアプローチは止めた方がいいと思う。娘さんはお前への恐怖でまだいっぱいだと思うから、焦って関係修復をしようとしたら、余計悪い方向に進むんじゃないかな。

  残念ながらお前は覆水盆に帰らず、という事をやってのけてしまった。犯してしまった罪ならば、自分が苦しみ後悔の念に襲われるのは、してしまった事の責任を取る行為だから、それは甘んじて受けるべきだと思う。

  子供への性的虐待っつうのは、ロリコン思考とか近親相姦願望とかよりは、自分のストレスをどこにもやれずに、子供に当たってしまう場合が多いとも聞く。カウンセラーにかかっているなら分かってるとも思うがな。

  まずはお前の情緒が安定する事が一番大事な事。お前の抱えるストレスを、どうやって自分で消化していけるようになるか。その事をまず考えようよ。

  ひとつだけ、お前のよかったところは、女を見る目があったトコロだな。娘から夫の性的虐待を聞いた母は、娘への嫉妬から話を無視する人もいる。でもお前の伴侶はちゃんと娘の話を聞き、娘を取った。

  家族の病理はな、一番子供に向かいやすいんだ。仕事や人間関係のストレスをまともに被るのは子供だよ。だからな、俺ら大人は子供に還元する前に、自分でストレスを解消できるようにならないといかんわけよ。お前なら、出来ると思うよ。

  でもま、あんまり無理すんな、な? まずは自分の生活を立てなおそう。

 

   一緒に暮らして行くのは無理になったみたい

564 :252  [sage]:2007/11/08(木) 23:49:52 id:EeqXM/oe

252 です。

  1年近く経ちましたが、離婚になります。後数日で持ってける荷物持って出ていく事に(涙

  1日たりとも忘れた訳ではないけど、一緒に暮らして行くのは無理になったみたい。以前アドバイスしてくれた方、有難う。でも自分の努力が足りませんでした。

 

   死んだりしたら、義娘さんに負い目を感じさせる事になる

566 :マジレスさん[sage]:2007/11/09(金) 00:15:00 id:wKVyX/42

>>564

  そうか…。自分の努力もあるが、何かを修正しようとする時は、沢山の人の努力がいる。だけど、努力がすれ違う事もある…残念だがな。

  自暴自棄にだけはなるなよ。死んだり、自分の生活を棒に振るような生き方はするな。そんな事したら余計に義娘さんに、負い目を感じさせる事になるしな。苦しかったらスレチでも書き込むといい。

 

   慰謝料一括で払って離婚… そうでなければ、告訴

567 :マジレスさん[sage]:2007/11/09(金) 01:18:41 ID:N/4wyDq8

  10月の1週目過ぎてから、急に態度を豹変させたから、もうどうしたらいいか解らない。2週前に「来週末に実家に帰ってくれ」と言われ、4日後に「やり直して行こう」と言われ、次の週末にこれからの生計をどうするかと話しをしていたら、自分が細かい事を言った事が気にいらなかった様で「出ていけ」と。

  慰謝料一括で払って離婚してくれと… そうでなければ、告訴すると…もうどうしたらいいのやら、資産は無いし、春に一時部屋を借りた時に借金したから、もうどうしようもないや。自業自得だけど、豹変ぶりにショックで苦しいや。

 

   裁判所には取り立てる余裕も義務もない

568 :マジレスさん[sage]:2007/11/10(土) 01:35:03 ID:/HLd0988

>>567

  嫁、迷走しとるの。離婚決定なのかと思ったけど、少々早とちりかも。とか言って希望持たせるのも酷なので、あんま期待はせんといてや。奥さん自身はカウンセリングとか受けてんのかね? 嫁にとっても相談に乗ってくれる人間がいないなら、精神的に揺れ動いてしまうのは致し方ない。

  それと、告訴されても払うものが無い時は払えない。裁判所には取り立てる余裕も義務もないから、その点は心配しなくていい。お前の気持ちが痛むだけで、無い袖は振れないからな。

  まー、告訴となると民事裁判になるけど、請求する金額によって印紙代結構するし、弁護士代とか時間もかかるから、奥さんにとっても精神的にいいもんじゃない。気が動転して言ったってのもあると思うぞ。

  ちなみに、差しさわりないなら、何言ったのか書いてみる気ないかい?

 

   死のうと思ったけど、失敗

570 :567[sage]:2007/11/12(月) 12:26:54 id:orIWZXWN

  離婚決定。慰謝料を払う事で償いをしてきます。死のうと思ったけど、失敗。

 

   義娘にどんだけの精神的重荷を背負わせるつもりだ

571 :マジレスさん[sage]:2007/11/12(月) 17:38:00 id:mseVn3wb

>>570

  何で死ぬんだ? 辛いからか? そうやって自分のやった事から逃げるのか。今お前が死んだらどうなるか一例を示してやろう。

  「自分のせいで死んだ」と思い込む義娘の人生は、ボロボロだ。性的搾取された上に勝手に死なれて、どんだけの精神的重荷を背負わせるつもりだ、お前。

  慰謝料は不可能な額の支払いの場合、下げてもらうよう話せ。直接話すのが無理なら弁護士立てようや。法テラスに電話でもしてみろ。

 

   内心は、生きたいだったから死ねませんね

572 :マジレスさん[sage]:2007/11/12(月) 23:07:48 id:FiD78sOE

>>571

  おっしゃる通りです。追い込まれて死にたいって思っても、内心は、生きたいだったから死ねませんね。ちゃんと話して一区切りつきました。

  アドバイスしてくれた皆さん、有難う。しばらくしたらまた来ますノシ。

 

   責任を取るために、生きなければいかんのだよ

576 :マジレスさん[sage]:2007/11/15(木) 00:10:08 id:sNCjKf9f

>>572

  死ぬなよ。人生どん底でも、自分で自分を律し、ちゃんと生きていけば何とかなるからよ。あんたは自分のやった責任を取るために、死なずに生きなければいかんのだよ。でも無理はすんなよ。

 

   擁護してる人があまりに多くてびっくり

580 :マジレスさん[sage]:2007/11/22(木) 21:45:59 id:OTe/1UJl

  567が離婚するのは当然でしょ・・・ なんか擁護してる人があまりに多くてびっくりした。娘にしたら、本当の父親でもない男で、しかも性的虐待されて、なんでこれ以上一緒に暮らさなくちゃいけないの?

 

   加害者を責め巻くっても、被害者の為にはならん

584 :マジレスさん[sage]:2007/11/24(土) 00:29:06 id:TGfPqYDP

>>580

  擁護してるわけじゃないだろうよ。でもま…表面だけしか見ないと「加害者の味方をしている」ようにしか見えないだろうな…。加害者を責めても、被害者の為にはならんって事に気付けないか? ここで加害者を責めてどん底まで追い詰めて、その結果その怒りが被害者に向くかもしれない。怒りが自分に向いて死ぬかもしれない

  死んだ結果、被害者の子や妻がどう考える? 「ザマーミロ、死んで当たり前だ!」って考えるだけだと思うか? 人間の気持ちはそんな白か黒かじゃないだろ。「自分が訴えたせいで死んだ」と思って、さらに二次被害を受けるかもしれないだろうよ。

  であるならば、加害者が心の底から内省して悔やむ姿を見せる方がよくないか? 厳罰化で得るものなんて無い事に、いい加減目を向けた方がいいと自分は思うが。被害者の事を考えるのは一番にしなきゃいかん。でも、加害者の事も考えなければ、被害者も救われない。

  被害者は加害者の事を思いやったりしなくてもいいが、社会が加害者を削除するだけでは、被害者の気持ちは治まらんよ。加害者が死んでしまえば、何もかも元に戻ると思うかもしれないけど、加害者が不幸になろうが死のうが被害者の気持ちは晴れない。

  法的に訴えて金銭を手に入れても、自分の尊厳は戻らない。金で戻ると思ったら大間違いだ。性的虐待によって失った自分を取り戻すのは、加害者が死んだりお金だったりじゃない。人の気持ちや思いやりや沢山の人間の手助けでしか、失った尊厳は取り戻せないよ…。たとえお金を受け取ったとしても、汚れたお金を受け取った自分に大して嫌悪感を抱くことにもなりかねない。

 

   くだらねぇ妄想の世界で語ってんじゃねえよ

585 :マジレスさん[sage]:2007/11/24(土) 07:25:05 id:e4KcJixP

>>584

  経験もないくせに知ったかぶりするなよ。被害者は加害者を永遠に憎んでいるんだよ。一生その傷は癒えない。どうなって欲しいか?

  加害者がこの世から消えない限りこの憎しみは消えねえよ。それが近親だろ? 尚死んで欲しいのに訴えたりしたら、他の家族や知り合いまで悲しい想いをする…

それがあるから、被害者は理不尽な思いをして、辛い人生を生きてんだよ。加害者はこれ以上増やしちゃいけないんだよ。くだらねぇ妄想の世界で語ってんじゃねえよ。

 

   加害者に人と同じ扱いをする方が間違ってる

586 :マジレスさん[sage]:2007/11/24(土) 07:34:43 id:e4KcJixP

  どんな事件でもどんな理由があるにせよ、加害者に人と同じ扱いをする方が間違ってる。このスレの内容なら尚更だ。被害者は死に追い詰められていくようなものなのに、平然と生きていく加害者を呪うわ。

  そう言う被害にあった人達を、保護する施設で、荒んでいった人々を、どれだけ見たか分からねえよ。

 

   被害者の手助けをする人は、被害者側だけに立て

587 :マジレスさん[sage]:2007/11/24(土) 10:14:46 id:Txy+pykZ

>>585

  被害者はこのスレ見ちゃいかんて。経験したからこそ分かる事と、してないからこそ見える事があるんだよ。

  >>586は「被害者は加害者の事は思いやらなくていい」って書いてあるだろ? 被害者は加害者を呪っていい。でも性的加害者を法が「死刑」に出来ない以上、社会が加害者を矯正する方向で動かないと、結局は被害者の為にならない結果になるんだよ。

被害者からだと、この理論は理解し難いだろうけど、生物の循環から考えてもそうする方が能率的なんだ。もちろん社会は被害者を一番に保護しなきゃいかんけどね。でも、加害者でも被害者でもない人間は、一方だけからの視点に立っては、真実に近いものは見えないんだよ。とはいえ、2chでこういう話は無理か。

  君は被害者? だったら怒って怨んで「死ねばいい」と思っていい。被害者の手助けをする人は、被害者側だけに立たなければならないね。それは君の言葉を見て、改めて肝に命じたよ。

 

ギョレメ(トルコ カッパドキア) 奇岩群と古代ローマ時代にギリシア人のキリスト教徒によって建設された地下都市がある。カッパドキア観光の中心地。

f:id:kirinokojiroo:20210915110434p:plain

  ギョレメとは「見てはならぬ」の意味。3世紀半ば、ローマ帝国の弾圧を逃れたキリスト教徒達が、カッパドキアに移り住み、ここで岩をくり抜いて地下都市を築いた。今ではこれらの住所跡を利用した「洞窟ホテル」がたくさんあり、世界中から観光客が訪れる。

  イスラム勢力に包囲され、絶えず脅威にさらされていたキリスト教徒達は、この地に数多くの地下都市を築いた。その中のひとつ、昭和40(1965)年に発見されたカイマクル地下都市は、地下8階、深さ65メートルに及ぶ巨大なもので15,000人以上がここで暮していたと考えられている。